バイオプレミアムの成分|危険な副作用があるかも調べた

肌には数十種類の常在菌が存在しますが、そのバランスが崩れてしまうと、シワやたるみのもととなる乾燥など、様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。

バイオプレミアムは、加齢により美肌菌が多く減少し肌バランスが崩れることを防ぎ、肌の自活力を高めるオールインワンクリームとして注目されています。

みさと

南明奈さんも愛用していて注目度の高いバイオプレミアムについて、成分と危険な副作用があるかについて詳しく調べました!

25歳~45歳までで美肌菌の量が10分の1に!

まずは美肌菌を含めた常在菌の概要と肌への影響について詳しく見ていきます。

肌の常在菌の種類と数

私達の肌に、常在菌は、約20~30種類、約1兆個の数が存在しているといわれます。

その種類は

  • 善玉菌(=美肌菌)
  • 日和見菌
  • 悪玉菌

の3つがあります。以下に特徴と主な菌をまとめます。

菌の種類(主な菌名) 特徴
善玉菌(表皮ブドウ球菌・サーモフィルス菌)
  • 皮膚の表皮に一番多く存在する。
  • 肌の潤いを保ったり、刺激から守ったりする。
  • 弱酸性の肌を好み、保つ。
日和見菌(アクネ菌)
  • 普段は善玉菌の働きをする
  • 肌バランスが崩れ皮脂が増えることで、皮脂の多いところに定着し、悪玉菌にもなりうる菌。
悪玉菌(黄色ブドウ球菌)
  • 健常成人の約30〜40%に存在し、通常は無害。
  • かゆみや肌荒れ、アトピー性皮膚炎を引き起こす。
  • アルカリ性の肌を好むので、弱酸性の肌を保つ善玉菌が減ってアルカリ性に傾くと増える

渡辺医師

善玉菌=美肌菌である表皮ブドウ球菌は、皮脂を皮脂分解酵素(リパーゼ)で分解して脂肪層とグリセリンを作り、肌を弱酸性に保ちます。

抗菌ペプチドを作り出し悪い菌の増殖を防ぎ

  • 肌のバリア機能を保ち 
  • 保湿

にも役立っています。

また、サーモフィルス菌はセラミド(肌の角質層にある角層細胞同士のすき間を満たし、細胞同士や水分を繋ぎ止めている肌の必須成分)を作り出し、角質層で水分量を維持しています。

セラミド

美肌菌が減少すると悪玉菌も増加し、肌トラブルの原因に

美肌菌 減少

みさと


なんと、25歳~45歳までで善玉菌である美肌菌の量が10分の1にまで減ってしまうという実験結果に…!

加齢による肌バランスの崩れが、肌トラブルの原因になっていくのですね。

この減少傾向にある美肌菌を育成する力を、うまくサポートしてくれるのがバイオプレミアムなんです!

バイオプレミアムの成分

バイオプレミアムは、

  • 美肌菌を育てる「進化型」
  • 肌にパワーを与える「発酵型」

Wの方向で肌を育成します!

バイオプレミアム 美肌菌

進化型バイオテック

バイオプレミアム 進化型バイオテック

バイオプレミアムには、美肌菌が好んで食べる「α‐グルカンオリゴサッカリド」が配合されています。

美肌菌のエサを増やすことにより、美肌菌をどんどん育てていきます。

発酵型バイオテック

バイオプレミアム 発酵エキス

バイオプレミアムには

  • 豆乳を乳酸菌によって発酵させた「豆乳発酵エキス」
  • ブドウ(シャルドネ)の果汁を乳酸菌で発酵させて得られる「シャルドネ発酵エキス」

を配合しています。

「豆乳発酵エキス」については、豆乳を発酵させることで、アミノ酸量がアップさせることができます。アミノ酸量をアップさせると、肌が美肌菌が好む弱酸性に保ちやすくなるので、美肌菌が活性化しやすくなります。

「シャルドネ発酵エキス」についても、ブドウ果実にもともと含まれるミネラル、アミノ酸と、発酵でできる乳酸(AHA)をアップさせることができるので、美肌菌を活性化させることができます。

このように、美肌菌が好む環境を作り出すことによって、美肌菌を育てていくことができます。

くすみをケアする6つの成分

バイオプレミアム くすみケア成分

くすみをケアする成分 概要と主な効果
アルブチン
  • 厚生労働省が認可
  • シミ治療で皮膚科でも使われるハイドロキノンの分子構造を一部変化させて開発された美容成分
  • シミの原因であるメラニンを作り出す酵素「チロシナーゼ」に作用し、メラニンの生成を阻害。
浸透型ビタミンC誘導体(APPS)
  • ビタミンCをより肌に浸透させるように開発された美容成分。
  • 表皮にも真皮にも浸透し、速攻性が高い。
  • 美白効果
  • シミやしわの原因となる活性酸素除去
  • 保湿作用
  • 皮脂分泌抑制作用
カンゾウフラボノイド
  • マメ科植物カンゾウの根から抽出されたエキス。疎水抽出によって抽出
  • シミの原因であるメラニンを作り出す酵素「チロシナーゼ」とそれをサポートするチロシナーゼ関連タンパク-2の活性抑制を促すことにより、メラニンの生成を阻害。
オウゴン根エキス
  • 漢方薬としても使われるコガネバナ(コガネヤナギ)の根から抽出したエキス。
  • 保湿作用
  • 活性酸素により活性化、シミの原因ともなるメラニンを育成するメラノサイトに信号を送るエンドセリン-1抑制による色素沈着抑制作用
  • 肌の水分量を保持するエラスチン、ヒアルロン酸を分解するMMP-1の活性化抑制により、抗シワ作用
トウキ根
  • 中国医学でも使われているセリ科植物トウキの根から抽出したエキス。
  • シミの原因となるメラニンを含む細胞小器官であるメラノソームを分解促進することによる、色素沈着抑制作用
  • コラーゲンを作る・分解を阻害することによる抗シワ作用
カワラヨモギ花
  • 漢方でも使われるキク科植物カワラヨモギの頭花から抽出したエキス。
  • シミやしわの原因となる活性酸素除去による抗酸化作用
  • メラニンを転送抑制をすることによる色素沈着抑制作用

みさと

バイオプレミアムには、シミやくすみの原因となる色素沈着を防いだり、シワができるのを阻害する成分がたくさん含まれていますね!

さらに4つのホワイトフラワー成分でも肌の透明感をサポートします!

透明感をケアする4つのホワイトフラワー成分

バイオプレミアム ホワイトフラワー成分

透明感をケアする成分 概要と主な効果
フユボダイジュ花エキス
  • シナノキ科植物フユボダイジュの花から得られるエキス。
  • シミやしわの原因となる活性酸素除去による抗酸化作用
  • 抗炎症作用
カミツレ花エキス
  • キク科植物カミツレの花から抽出するエキス
  • シミ・そばかすの原因となるメラニン生成を抑制し、色素沈着を押さえる
  • 肌のターンオーバーを促す
セイヨウノコギリソウエキス
  • キク科植物セイヨウノコギリソウから抽出されたエキス
  • 抗炎症作用
  • 活性酸素抑制による抗酸化作用
  • 肌の水分量を保つエラスチンを分解するエラスターゼ活性阻害による抗老化作用
マドンナリリー根エキス
  • ユリ科植物マドンナリリーの鱗茎(球根の一種)から得られるエキス
  • セラミド合成促進による保湿・バリア改善作用
  • 細胞の酸化的損傷を防止するグルタチオンレダクターゼ活性増強による抗酸化作用
  • 表皮細胞分裂回数減少抑制・表皮菲薄化抑制による細胞活性作用
  • 色素細胞を活性化させるSCF結合阻害による色素沈着抑制作用

ハリ・うるおいをケアする3つの成分

バイオプレミアム 潤い成分

成分 特徴と効果
ヒアルロン酸
  • 真皮部分に含まれている成分
  • 高い保水力
コラーゲン
  • 皮膚の70%を占める
  • ハリと弾力を与えてみずみずしく健康的な肌を保つ
プロテオグリカン
  • 肌の細胞の増殖
  • ヒアルロン酸、I型コラーゲンの産生を促す
  • 高い保水能力

温泉水

バイオプレミアム 温泉水

バイオプレミアムは、鹿児島県垂水市の温泉水を100%使用しています。

バイオプレミアム 浸透

みさと

水よりも粒子が細かいので肌に浸透しやすいのですね!

 

副作用はなし!12のフリー成分

バイオプレミアムは

  • 香料
  • 着色料
  • 石油系界面活性剤
  • 鉱物油
  • 紫外線吸収剤
  • プロピレングリコール
  • トリエタノールアミン
  • シリコン
  • パラベン
  • グルテン
  • 小麦由来分解タンパク
  • フタル酸エステル

も配合していなくて、フリーとなっています!

アレルギーの方も使いやすい成分となっています。
(使用の際は医師にご相談ください。)

バイオプレミアム 全成分

バイオプレミアムは全成分を公開していますが、副作用も認められていません。

まとめ

加齢に伴って減っていってしまう美肌菌を育成するとして注目されているバイオプレミアム。

その詳しい成分と、危険な副作用がないかどうかをまとめていきました。

5年後、10年後の肌をいきいき保つために、今から気になる場合は使い始めておくことをおすすめします!

\公式ページからなら初回77%オフ購入可能★定期縛りなし!/

バイオプレミアムを実際に使った
口コミはこちら!